あめこや

AMECOYA Blog

アーカイブ

地方の”ゆる菓子”

お客様から
ブログ、楽しみにしてます!と声をかけられる事が最近重なったため
嬉しさにまかせて 更新増えてます(笑)
あめこやの定番デザート、
抹茶ババロア 
こちらの期間限定アレンジヴァージョンが登場!!


いつもの事ながら、ゆるい画像に手書き文字(汗) 見づらくてすみませんっ
蕎麦粉のクレープに
抹茶ババロア+みたらし団子風な甘辛あんこを包んで
和風デザートに仕上げました♪
業後に試食をリピートしてしまうあめこや3人(笑)
オススメです♪


日本酒は 
ビビッドな赤ラベルが眩しい
・奥播磨 兵庫(純米吟醸 芳醇超辛)800円
ぐぐっと重厚な旨みと 思い切りのよいキレ、超辛口タイプですが
食中酒向きのお酒デス
隣のビビッドな三島由紀夫との絶妙なマッチング(笑)
東急本店 シアターコクーンにて
ミシマダブル 上演中!
久々 耽美とか退廃とか耽溺とか陶酔とか 
そんな言葉に敏感になっております
次の話題は
まったくあめこやには関係ありません(笑)が
今年に入って
強烈なジャケの地方銘菓に遭遇する機会が。
以下 
栃木・宇都宮の”チャット”
お菓子の名づけ親は 相田みつをさんだそーだ
ジャケもレトロなのんびりしたひよこ柄がかわゆい
お菓子の包装紙の煌びやかさも 飾り書体も素晴らしい。。。
味は ままどおる的なほっくりしたお菓子でした

以下
福島の”コトム”
当初 原子力発電所が出来た記念菓子だったようです(外の包装紙 参照)
アトムならぬ、コトムという名前もかわいい
そして内箱のドイト的なロゴと 時代を感じさせる流麗なデザイン
お菓子は たっぷりめの四角いマドレーヌ風味
真ん中に餡でした


ゆるキャラならぬ、”ゆる菓子”の世界
まだまだ奥が深そうです