あめこや

AMECOYA Blog

アーカイブ

原点に戻る

まずは
日本酒メニューからまいりましょう!
・小左衛門 岐阜(純米 美山錦)750円
こちらは毎回入荷のたびに
リピされるお客様で、すぐさま無くなる魅惑のやや辛口!
どなたにも愛される理由(二谷ゆりえみたいですが)は
飲んでもらうとわかります~~♪
・どぶろっく 青森(純米生酒)850円
毎年人気の夏のにごり酒”どぶろっく”!!
今年のは~~特に濃厚じゃありません!!???
そして。。
オンザロックにするとですね、
苦味が際立って、おっとな~~~の味わいに!!!!
この渋さがね 想定外で
番長は ちょいと試飲で酔いました。。。
・夏田冬蔵 秋田(純米大吟醸 生 秋田酒こまち)950円
なつたふゆぞう と読みます
秋田といえば浅舞酒造!
天の戸シリーズで当店でも大人気のシリーズですが
この限定酒、蔵の周辺で採れた米のみで造られております
上品!
赤子のいる生活で
すっかり文学から離れてしまった番長
レイブラッドベリの訃報で
読書熱が覚醒!
ブラッドベリで一番好きな短編は”万華鏡”
今でもサンリオSF文庫を大事にしております

昔の文庫本は カバーも素敵
左から 家畜人ヤプー
真ん中 時計じかけのオレンジ 
右側 バタイユの マダム・エドワルダ&眼球譚
金子國義先生のカバーが最高!
こうした大人びた本を 
思春期には貪るように
読んでおりました
エロティシズムとは死に至るまでの生命の肯定である!と
バタイユの言葉を 
当時の自分手帳に記してた(笑)
一体の何のためにかは今となっては不明ですが(笑)
生田耕作って名前見ただけで 
おっ!ってなってましたっけ。。。
紀伊国屋では最上階の丸尾末広までが遠くてね
池袋ではリブロでしたっけ アングラ本を探し
タワレコでビーフハートのカセット買ってね
あと名前忘れましたが
池袋で
最上階にSFの古書を取り扱う本屋さんがあったビル、
そこでアイスクリームのサンドイッチってのを食べた記憶が。。。
さてさて 本日6/27(水)は
19~20時台はご予約にて全席満席です
お早めのお時間(17時~19時30分まで もしくは 20時まで)でしたら
お席のご用意できますので
お電話にてお申し付けくださいませ
今週末のご予約はまだまだ受け付け中でございます
宜しくお願いいたします♪