あめこや

AMECOYA Blog

アーカイブ

湿地読みました?

日本酒メニューから
まずはざっくりと!
・鳳凰美田  栃木(純米吟醸冷おろし 山田錦)850円
待望の冷おろし第2弾は
またもや大人気の鳳凰美田(笑)
もう放出しちゃうという、女将たんの考えなしなセレクト!(笑)
前回のご百万石も マスカットフレーバーで最高でしたが
今回の山田錦は 
旨みが ほわんと口の中をたゆたう感じがたまらない逸品!!!
優雅なのです 
白鳥のような優雅さで、、とろけますわ~~
締めくくりのドライな後口も最高!
・而今 三重(特別純米 にごり 富山五百万石)900円
じこん、と読みます
これは、あめこやで約1年寝かせたレアバーション!!!!
ぐっと旨みに深みが出まして、
後味グレープフルーツのような苦味の余韻~~!!!
大人って( ・∀・) イイネ!飲めるっていいね!
このスペシャル感は 而今以外ありえません!!!!
気になる方はお早めに!!!
皆さん もうすぐ読書の秋です
”湿地”読みました??
大のマイクルコナリー好きな女将ですけれど、
ハリーボッシュものの新作が待ちきれない!ので
読んでみた警察小説”湿地”がとてもよかった!
アイスランドの曇空のもとに
複雑に絡み合う犯罪の 陰気な話ですけれど
とても読みやすい!
主人公の実直さに共感しつつ
その陰気さにのめりこんでしまいました
次回作も早く出ないかしらん、、、


あとは上左から
ジョンアーヴィングの”あの川のほとりで”
今回もエピソードてんこ盛り、
長~~く緩やかに物語が進んでいきます
起こる出来事はいつもハードコアなのですが
ジョンアーヴィングの語り口だと、
どんな事でも人生起こりうるし それもいつか乗り越えられるような
希望を持てるのです
上真ん中 ”楽園のカンヴァス” 原田マハ
不遇の画家 アンリルソーをめぐる物語が
謎解きふうに描かれ、
しかもラストの台詞は一字一句素晴らしくて
読みながら 小田急線内で泣いてしまった。。。
大感動の作品でした
21世紀になって 友人とニューヨーク現地集合で旅をしたのですが
その旅中、いろいろ美術館などを巡って
一番印象に残った絵がMOMAの
まさにこの
アンリルソーの”夢”でした
吉祥寺いせやの公園前のお店の中に
ルソーの絵が貼ってあって
焼き鳥食べながら のんびり眺めて
気持ちよかった記憶があります
あとキングの”シャイニング”は これから読むところ♫
映画より 父子関係が丁寧に描かれているそうなので
楽しみ!です
スタンド・バイ・ミーも映画よりキングの原作がよかったなあ
夏の終わり~初秋に向いている作品かと。。
下段の漫画 松田洋子さんの”ママゴト”
もうね、1巻は 何度読み返したかわからない!
タイジという五歳の男の子の
素直で 大食いで 優しいところ、
主人公の英子ママの辛い過去の回想シーンの切なさ、、
どれもこれも宝物!!!!
読み返すたびに泣いてしまう
凄い作品です
最終巻が出るのを心待ちにしております~~
本屋に行くと 心臓が早打ちしてしまう
女将たんのオススメ本でした~~