あめこや

AMECOYA Blog

アーカイブ

アンデスの風~~

あめこやは蕎麦屋ですけれど

もうひとつの側面、
それは
古代文明好き、オーパーツには目がないということ。。

あめこやのミステリーハンターこと 女将たんは
高校時代の文化祭ではもくもくと
紙粘土でピラミッドを制作、
大学時代は
ローマの古代遺跡コロッセオで雄叫びを上げ
カフェで働いている時には
メニューを”ビラコチャ”(インカ帝国の文明神)など
マヤインカ絡みで名づけをしたりと
素人らしい、
みみっちい活動を繰り広げ
ファラオとか サン・ラーとか
そうした言葉を聞くと
血潮が燃えてくるのですが

あめこやのお客様から
”瀬木貴将”さんの音楽をすすめられまして。

これがとても良い!!!
ほのぼのしていて
でもアンデスの乾いた空気感も感じられ
どこか懐かしく 
語りかけてくれるような優しい音楽。。

思い返せば

2009年の上野科博にて
”インカ帝国のルーツ~黄金の都シカン”展を一人観に行った時に
会場で流れていた
展覧会のテーマ曲をつくられていたのが
瀬木さんでした!
南米の楽器サンポーニャアン&ケーナ奏者として
広くご活躍されている音楽家さん、

インカ帝国 マチュピチュ発見100年展のイメージアルバム
その名も”マチュピチュの夜明け”を手がけられており、
ここ数年のインカ帝国やナスカの展示のテーマ曲は
瀬木さんが作られているのです~!


写真のアルバムは
全編インスト 和みます~~

あめこややってると
これまでの人生のいろんな要素がリンクしてきますねぇ
地球に感謝!

おっと お店のことも載せなくちゃ!
日本酒は
・綿屋 宮城(特別純米 美山錦)850円

究極の食中酒といえば綿屋!
この火入れ美山錦バージョンはその綿屋シリーズの中でも
とりわけ 人気の高い食中酒であります
なめらかさ、主張しすぎずとも芯のある旨味、後味のドライ感。。
バランスの素晴らしさ ピカイチです!
銚子からクリーミィで大ぶりな
美味しい岩牡蠣が届いておりますので
合わせてお楽しみください♪

そして
まだまだバリバリの暑さですけれど
”松茸”入荷しました!

・季節のだし巻き玉子 松茸入りのだし巻き 1800円

たっぷり”松茸”を入れてボリュームありマス!
やっぱり松茸は 香りも味も王様です~~
天ぷらもご用意しておりますので
旬を先取りして 西向いて笑って
ぜひとも長生きしてくださいませ☆☆

追記
先日紹介しました
ミーターズの名曲”ウィチタラインマン”、
元はグレンキャンベルという歌手の1968年のヒットソングだそうで
ジャンルはカントリー、
ミーターズのものより
広大なアメリカの平原を思わせる雄大なニュアンスもあって
素敵です
R・E・Mも素朴な感じでやってます~
気になる方はYOUTUBE検索してみてください