あめこや

AMECOYA Blog

アーカイブ

星を賣る店

 もしあなたが稲垣足穂好きなら!
もしあなたが”ミツバチのささやき”にキュンとしたことがあるなら!
ビートルズのアルバムの中でホワイトアルバムが好きなら!
ボリスヴィアンの”うたかたの日々”にうっとりしたことがあるなら!

勝手にしやがれ!
ではなくて、


ぜひ
世田谷文学館で開催されている
クラフト・エヴィング商會のおかしな展覧会
”星を賣る店”に
お出かけください!!!

クラフト・エヴィング商會さんとは。。

吉田篤弘さん&弘美さんのお2人で
小説やエッセイの執筆はもとより 
本の装丁やデザインワーク等
幅広く活動をされているアートユニット~☆
(内田百閒のちくま文庫本をお持ちの方、
装丁チェックしてみてください)

その活動を総括した”棚卸し的”展覧会!
虚実入り混じる 洒落とひねりの効いた作品が
ずららら~んと並んでいるそうな!!
気になってきましたか!?

さらにさらに
関連イベントとして クラフト・エヴィングのお2人が
様々なお方と対談するトークショー、
お相手の方々のメンツたるや!!!

ジョンアーヴィングの超~~長編娯楽ミステリー小説”サーカスの息子”の翻訳や
独特の切り口のエッセイが素晴らしい翻訳家”岸本佐知子”さん、

芥川賞に泉鏡花賞、谷崎潤一郎賞と向かうところ敵なし!?
”博士の愛した数式”の小川洋子さん、

”まほろ駅前多田便利軒”の大ヒット、”舟を編む”等著作が続々と映画化、
ビゴモーテンセン好きの”三浦しをん”さん
(みうらで検索かけると、みうらじゅんを抜いてトップに出るよ)

今をときめく方々ばかりではないですか~~~!!!
全部行きたい。。
トークショーは抽選だそう、当たるといいですね♪

あめこや番長は
かなり重症の紙・本・活字中毒、
クラフト・エヴィングさんほど
美味しいものはないのです。。。