あめこや

AMECOYA Blog

アーカイブ

カムイ伝の弟→兄みたいな酒。


こちらは 群馬太田の島岡酒造さんの”群馬泉”2本
・群馬泉(群馬 特別本醸造 初しぼり 若水)
見た目、違いはまったくありませんが
左が24BY、右が25BY。
さてまず25BYから。
微発泡とのふれこみ、
開栓時にポンといい音しましたが、
ほんと~~に舌に微かにピチピチ感じたくらいの微微微感でした
初しぼりのフレッシュ感、瓜系の爽やか~~な瑞々しさ
山廃仕込みであっても酸が控えめのため えっ!?山廃!!??と驚きつつ
キリリと引き締まった印象~~。。。
と ここで終わりません!
ラストに がっつりとほろ苦な余韻~~~
これは衝撃!!!
お次は24BY。
先ほどの25BYと同様の爽やかさと瑞々しさは健在、
それがさらに丸く程よくバランスよくまとまった感じで
飲みやすく進化しております!!
ラストの渋みも同様ですが ややマイルドな印象でした
群馬泉は その味の複雑さゆえ
評価が賛否両論 がつっと分かれるようですが
何となく納得。。。
蔵の個性がはっきり感じられるのは 25BYかと。
このラストを 
面白さと捉えるか、苦手に思うかで意見が割れるのかな。。
白土三平の名作カムイ伝で
主人公のカムイが死んでしまい、この先どうなるの~~!?と思っていたら
実はカムイにそっくりな兄が生きていて 
突然、意志を継いでゆくって話になって
その突飛すぎる展開に眩暈を覚えた瞬間に近いものがありました。。
あめこやの”2種酒セット”がいいメニューだな~と思うのはこんな時!
ぜひこの2本を飲み比べて
味覚嗅覚の奥深い世界へ ぜひ飛翔してください~~
昨日のあめこや店主 
茨城遠征のお話はまた後日にたっぷりと!