あめこや

AMECOYA Blog

アーカイブ

山廃ワールドへの誘い

日本酒の造りの中でも 
とりわけ時間も手間もかかる山廃仕込み、
杜氏さんの経験やセンスを問われる仕込みでありますが
独特の香りやコクの虜になって
飲むなら山廃に限る!といったコアなファンも増加している昨今!
(私の周囲だけかもしれませんがw)
蔵によっていろんなタイプの山廃酒ができ、
そう蔵の数だけ 山廃の種類もあるんじゃないかと思うほど
バラエティに富んだ 奥深い山廃の世界、
あなたも覗いてみませんか~
今回の山廃↓

・自然郷しぜんごう 福島(山廃純米 磨き八割)700円
乳酸系の山廃らしい、深みのある香り~に誘われ
くうっと口に含んでみると
磨き八割ならではの米の旨みをグッと感じつつ
程よい酸がさっぱりとまとめあげ(酸、グッジョブ)
驚くほど さらっとした後味♪
おお~~!
なんだろう、この感じ、、
小学生のころ、二重跳びができなくて
放課後 ひとりで練習を続けていて 夕暮れもせまり
いつになったらできるのかもう分からなくて心細くなってきたころ
やっと出来た~~!!!
そんな少しだけセピア色に染まった思い出を振り返るような 気持ち良い山廃!
山廃好きの方にはもちろんのこと、
山廃初心者の方、さらには
以前山廃を試して全然ダメだった、、という方にも
こちらはイケると思いますYO!