あめこや

AMECOYA Blog

アーカイブ

飴色屋

あめこやというヘンテコな店名をつけたため
創業以来、
これはどういう意味なのか!?ときかれ続けてかれこれ8年くらいたちますが
この物件を見つけた時に 
(当時は白木であった)ヒノキの壁が
使い込んでいくうちに 飴色に変化してゆくように
我々の店も 
馴染んで 味わい深くなるといいなあという願いを込めました
当初は 
”飴色屋”にしようと思っていたのですが
もっと抽象的なほうがよくない?という、天邪鬼な番長の意見を取り入れてくれたのか
”あめこや”という
ふうがわりな名前となりました
後付けで、
雨小屋っぽいイメージもダブらせてみたりなんかして
今となっては とても気に入っている店名であります
以前は、領収書を書いてもらうと
あねこや、 あべこや、 あねごや等
記入する人の思い思いの屋号になっちゃったりも多々ありましたが
最近は やっと”あめこや”として 
認識してもらえるようになりました
そんな我々の気持ちが
こんなかわいい形になってあらわれようとは!とは!


九州の”うつわ屋ゆらり堂”さんの波佐見焼”飴色しのぎ”
4月からはじまったランチにて
蕎麦前の小鉢として大活躍中です♪
ぼってりとしたフォルム、飴色のつや
どこか懐かしい風合い、、
まさに”あめこや”っぽい器じゃないですか!!!??
小鉢としてはもちろん、珈琲をいれるのもよいし
緑が映えるので 
抹茶色のお菓子とか 野花とか活けてもよさそう♪
うつわ屋ゆらり堂さんは 
昔からの知り合いのように
我々の趣味的要素をわかってくれる安心感があって、
磨かれた独自の美意識をもっておられるので
刺激を受けます!
うつわ屋さんと 料理屋との心地よい相互作用が
何か新しい潮流を生むんでないかい?と
春らしい妄想に飛んでゆく番長なんでした!
ゆらり堂さんHP
http://yurari-dou.com/