あめこや

AMECOYA Blog

アーカイブ

飯米パワー

 日本酒を造る際には
酒造好適米という醸造向きの米を使用して
旨みを生み出すのが主流です
飯米は 酒造好適米よりも粒が小さく、
炊いた時には ご飯の旨み♪となるたんぱく質などの成分が
酒造りには 雑味となってしまうそうで
飯米は酒造りには向いていない、、というのが
これまでの流れだったのですが
地元で取れた飯米を使って
美味しい酒を造る!という意欲的な蔵も多くなってまいりました
地元の風土にあった米で酒造り、、
日本各地の魅力を知る、
新しい切り口として期待してしまいます!!
地方名物として 甘い物やB級グルメ、それに加えて
日本酒もどんどん広まっていってほしいですね~~(*´▽`*)
山形県が10年ほどかけて開発した新しい稲・品種”つや姫”
高級飯米として いま人気ありますよね♪
冷めても美味しいのでお弁当にも最高!
こちらはつや姫100%使用の純米♪

・秀鳳 しゅうほう 山形(純米 つや姫)
香りもそこはかとなく炊いた米のような丸みを帯びた感じ♪
そして
味わいもまさに米!!!
日本酒はお米から出来ている、という 当たり前のことなんですが
米そのものの旨みがダイレクトに味わえて
お米の国に生まれた幸せを感じます~~
私蕎麦屋ですけれど、
寿司屋生まれでもあるので 
蕎麦もお米も同じくらい好き!
山も海もあって 肉も野菜も果物も美味しい、
そしてあったか~~い人柄の山形!
ますます山形が好きになっちゃいます!!!