あめこや

AMECOYA Blog

アーカイブ

記念作 満を持して登場です!

あめこやの開業時から ずっと
奥の小部屋の絵を
鎌倉在住の絵本作家・こじまさとみさんに手掛けてもらっております
季節の絵を描いてもらう時もあれば
私が思い浮かんだテーマを元に
想像を膨らませて描いてもらったものもあり
どれもさとみさんの描き下ろし、
あめこやのためだけに描いてもらった とても貴重で贅沢な作品群!
一度きりの展示に限定するのではなく、
かたつむりの絵は 梅雨時期には毎年お目見えしますし、
タイミングをみて これまでの作品を入れ替わり展示して楽しんでおりますが

今回の絵は、久々の新作です!!

あめこや10周年という節目にあたり
原点回帰といいますか、
さとみさんと私の出会い(もう20年近くなるかな・・)にまで
思いを馳せまして
さとみさんの真骨頂でもある、「森」を描いてもらいました!
以下、
さとみさんの解説や 私のイメージなどを交えつつ・・

IMG_8964[1]

森に、不思議な大きなリンゴが現れた
ローソクの灯りのように 温度があって ほんのりあたたかい。。
森の住人たちは驚きつつ
走って見に来るものもいれば、遠くから見つめるものもいて。。
このリンゴの温かさには
どこかしら懐かしさもあり。。

IMG_8960[1]

枝にいろいろなものが引っかかったり
混沌として見える森の様子
じーっと目を凝らすと
不思議なものたちがいるよ いるよ
のどかで どこかユーモラスな存在
じいっと何かを見守ってくれているのかな

IMG_8962[1]

ここは 森の出口
森で遊んで 心満たされ 休息して また生活に戻ってゆくとき
動物や虫たち、木々や森の気配(見えないものたち)は
「また、待っているよ」「いつでも、おいで」と
言葉をかけてくれています

さとみさんの絵から溢れる優しさは、
心細い時に もちろんいいよ!って丸ごと認めてもらえた時のような
芯からほっとする温かさで満ちています
希望が感じられる風景、、

あめこやの小部屋の窓から見える景色が
これからも
皆様の心を温めてくれますように!

3枚の絵には それぞれ妖精が出てきます
縦の絵には 草にぶら下がった小さな羽根が!
画像では 繊細な色や小さなモノたちが写りきらないので
あめこやにご来店の際には 
小部屋で ゆっくりとご覧になってくださいね♪