あめこや

AMECOYA Blog

アーカイブ

蒜山訪問記 その2

IMG_0289[1]

蒜山は ちょうど田植えシーズン!

あちこちの田んぼに植えられた規則的な稲の並びと

田んぼいっぱいに張られた水に映る山の景色が美しい!

山の様子も、

植林された杉が理路整然と並ぶ東京近郊の山と違って

いろんな木が混在して もっさり自由に生えている感じで

山全体がほっこりとしたフォルムになっていて

どれも昔話に出てくる山みたいなのです

あちこちに流れる小川の音と 鳥と蛙の声だけがBGM。。

石に転ばぬよう 崖から落ちぬように足元に注意し、

はみ出た木の枝が顔に当たらぬよう気をつけながら

野山に分け入ると

作為のないありのままの植物の造形に 目を瞠ります

巨岩にぶら下がるツタの流麗さ、

ハート型の葉、

なぜか円を形作るシダ植物の群生、、、

我々人間には思いもよらない規則や 合理性があるのでしょうね

植物の美しさには 敵わない。。と思う瞬間が

何度もありました

IMG_0296[1]

普段と意識の持ち方が変わると

我欲の出る幕はなく

そうっと 何かを壊さぬよう邪魔せぬよう静かな気持ちになって

大層気持ちのよい朝を過ごすことができました

田んぼや畑を案内してもらいながら

宝探しのようにあちこちで菜を摘んで さっそくお昼ご飯でいただきました

採りたての青ネギの瑞々しさといったら!

えぐさや辛味がなく、ハーブのごとき若々しい青さ!本当に美味しい!

雪の下人参をピーラーで剥いて、オリーブオイルを和えたサラダに

摘みたての山椒を載せたら、これがまた最高!

香りがグンと濃く、口に残らない品の良い辛味が人参の甘みとベストマッチ!

通常の山椒の辛さではありえないんだろうなぁ。。

その後 鳥取方面へ向かいまして(岡山・蒜山から鳥取は意外と近くて、車で30分ほど)

念願のカフェ「夜長茶廊」さんを訪問!

中央線にありそうな雰囲気の、インドカレーと珈琲と音楽が楽しめるカフェ♪

どこか懐かしい空気感のあるお店で、

古民家を改装したという店内には センスの良い小物たちがあちこちに。。

ゆるっとした音楽に身をまかせ

サモサと珈琲とケーキをいただきました!

あめ店主は 倉吉のマニアックな酒屋さんにも寄って

珍しい日本酒を仕入れホクホクの様子。

温泉もあちこちに点在しているので、連休らしく疲れを癒す時間も持てました!

書ききれないほど たくさんのエピソードがあり

そのどれもが宝物みたいに 今も心で明滅し続けています

作りたての まだ温かいリコッタチーズの優しい甘さ、

朝一番に飲んだ湧水の甘さで 目が覚めたこと、

ご夫婦の、あったかくて 風通しの良い人柄、、

野菜もお米も お肉も魚も チーズも珈琲も どれもバランスよく愛する、

ご飯に対する真摯な姿勢(人はそれを食いしん坊と呼ぶ)、その共通項が

我々を結び付けてくれたのでしょうか!

ありがたいご縁に 深く感謝(縁をとりもってくださったオカズデザインさんにも深く感謝)

&再訪を願いながら

あめこやにこの気持ちを還元していきたいと思います・・

長々と蒜山自慢ブログ(笑)、お読みいただきありがとうございました!

では良い週末を!