あめこや

AMECOYA Blog

アーカイブ

久々のブログ更新です

年越し商品をご予約下さったお客様、ありがとうございました!

寒くなるにつれ、

気持ちはいよいよ大晦日に向けて高まってまいります!

また、忘年会シーズンの幕開けでしょうか、

12月のご予約もいただくようになりました!

当店は少人数の忘年会向きのお店ですので

近しいお仲間と ゆるっと飲みに ぜひどうぞ!

ではでは日本酒メニューから・・

IMG_1487

・三重錦 三重(純米吟醸生 山田錦・雄山錦)

元プロボクサーの杜氏さんがたった一人で醸す職人魂のこもった「三重錦」!

フレッシュで瑞々しいうすにごり♪

ドはまりする方も多いんですよ~(かくいうあめ店主も大のお気に入り)

IMG_1488

・旭若松 徳島(純米 日本晴 2014年醸造)

このオールドスクールなラベルがいいでしょーー!!

徳島の山間部にて、ごく少量の酒造りを家族で行っている

知る人ぞ知る地酒~~!

熟成酒ならではの旨味は、燗することでより深まります♪

個性派の1本!

IMG_1489

・神雷 広島(純米吟醸 千本錦)

えっどのくろひょお~~!!っと思わず杉良太郎を歌ってしまいましたが

こちらは 広島の黒豹!酒瓶もピッカリ光っておりますが、

雷が落ちても蔵が無事だったことが酒名の由来だそう。

のびやかで肌理の細やかな味わいです♪

・乾坤一 宮城(純米原酒 無農薬 亀の尾)

今回のラインナップで、番長のイチ押しはこちらです!

古き良き蔵が立ち並び「みちのくの小京都」と呼ばれる村田にある

大沼酒造店。

無農薬、無化学肥料で栽培した「亀の尾」で醸す

滋味溢れる食中酒!

これがなんとも言えず、まろやかで優しい味わいでですね、

とっても癒されるのです

寒さや疲れで縮こまっていた肩や心を

じっくりマッサージしてもらうような、じんわり感♪

通常の栽培よりもおそらくとっても手間暇がかかるであろう

無農薬栽培で!しかも希少な酒米「亀の尾」で!!

このお値段でいいんですか!??大沼酒造店さん!無理されてませんか!!??

ちょっと良心的過ぎて!?心配になってしまうくらいのコスパ!

無我の境地でございます~~

年末進行で仕事がつめっつめになってきた企業戦士の皆さま、

オーガニック乾坤一で 心身ほぐしてくださいね!

さてさてお次の話題。

あめこやでの器は 長年集めてきた器で成り立っておりますが

ここ数年は 赤坂にあります「陶右衛門」さんにお世話になりっぱなし!

当店の雰囲気や我々の好みをしっかり掴んで

器をオススメしてくださるので、どれもこれも好みのツボ!

器やさんと料理屋の素敵な蜜月が築かれております!!

そんな陶右衛門さんで今開催中の「松尾真哉さん」作陶展

お酒と酒肴が大好きな作家さんなので、

こちらも間違いなしの品ぞろえ!

IMG_1483

手にしっくりと馴染む徳利に、受け皿付きの猪口。

これはダバッと注いでこぼれても、受け皿が酒を余さずキャッチしてくれるという酒好きにはたまらない設定♪

酔っぱらっうと注ぎ方がJOJOに雑になりがちな私には、何ともありがたや~♪

作陶展は今週の18日(土)までだそう、

気になる方はまずは「赤坂 陶右衛門」さんで検索してみてね!

久々のブログ、紹介したい事がまだまだたっくさんあるのですが

先週のあめこやの連休中に、お世話になった方のお墓参りをしまして

その帰路に、

私番長ことドジ大将、駐車場で思いっきり転びまして、

右腕をコンクリブロックにぶつけてですね、

あまりの痛さに コンクリの上で5分以上泣き伏しました。。。

大人になってから一番しくしく泣いた気がするよ!

何でそんな転び方をしたかというと、

右手にテイクアウト珈琲、左手にまだ未読のジェフリーディーヴァーの新作を抱えていたもんで!

我が身より、珈琲と本を優先してしまったもうすぐ45歳ですよ!

あめ店主も娘っ子も呆れていましたが、

湿布をそっと貼ってくれたり、布団をそっとかけてくれたり

黙って優しくしてくれました(ごめん、アホなかーちゃんで)

右腕がいまだにジンジンしてるので(中年は怪我の治りが遅いよ)

今宵は そろそろお開きにしましょうかね。。

IMG_1485

近藤ようこさんの「五色の舟」

近藤さんのラフな画風がそれほど好みではなかったのだが

この作品ではそのラフさがかえって味わい深く、

物語の重み、深みを 淡々と浮かび上がらせているように思います

肉感的な、そして 情欲的なシーンも

ラフさが距離を置いてくれるので

読後に夢見心地なムードがふうわり残りました

ではでは今日はこの辺で、

チャオ!!