あめこや

AMECOYA Blog

アーカイブ

カッタッパ

IMG_2554

今日はしょっぱなから、清らかな日本酒ではじまります

・瑠璃色の海 山形(純米大吟醸 雄町)

「東北泉」を醸す高橋酒造店さんのお酒です

佇まいから既に美しいのですが

キレ良く爽やか、かつ、とても上品な飲み心地!

心が澄み渡ってくる、幸せになれるお酒です

世間の荒波に揉まれてほんのりお疲れの方に、ぜひ!

さて。

常々あめこやブログでは日本酒の事と 己の偏りまくった趣味を

ぶつぶつ呟いておりまして、中にはピンポイントで

素晴らしい反応を返してくださる奇特な方(笑)もいらっしゃって、

火曜の常連さんに至っては

「ヴィスコンティ」と振ると、即「ルートヴィヒ」と返してくれる(笑)

そうした趣味人に日々支えられている番長、

今年に入って

「女将さん、絶対好きだから!」と各方面からすすめられた映画が

インドの娯楽大作「バーフバリ」!

やっとこさ、「伝説誕生」「王の凱旋」の2作品観ましたよ~!!

いやあ、スケールでかい!「カッタッパ」って名前だけでしばらくご飯が進みそう!

確かにツボでした!!!ありがとうございました!

その昔、私が

ムトゥ踊るマハラジャを渋谷シネマライズに3回も観に行った事を

お見通しだったのでしょうか(笑)!

(ムトゥ=インドの吉幾三・ラジニカーントがタオル片手に大奮闘するラブもバイオレンスもお家騒動も全部ぶっこんだ超大作)

またいろいろオススメしてくださいませ!

個人的には 薬丸岳センセを読み倒しておりますが

薬丸センセが作家を志すきっかけとなった高野和明先生の「13階段」を読了後

ヘヴィ過ぎてしばし動けず。。。

そんな心を隙間を埋めるように、つげブーム再来です

IMG_2561

ムック本の東村アキコ先生のつげエッセイが良かったなあ

つげ台詞、つい言っちゃうんですよね!

私はゲンセンカン主人に出てくるおばあの

「幽霊ではありませんか」をつい真似ております

哀しいシーンでもなぜかあったかみがあって

夢も現実も 理不尽な何かも しっくりまとまってひとつの世界を成している。。

メメクラゲは 1968年の6月の作品、

50年前の梅雨を思い浮かべつつ

気づけば

もう2018年の6月ももう終わりなのでした!