あめこや

AMECOYA Blog

アーカイブ

ちょっと一息ティーブレーク

今回は まったく店の営業には関係のない

少々親バカ気味な回(公私混同すみません)ですので、

お暇な方のみちらっとどうぞ。

(蕎麦と日本酒の記事だけ読みたい方は今回はスルーしてくださいませね)

子番長の夢日記、

雷マーク(まさかインダストリアルミュージックの先駆者・スロッビンググリッスルの影響か?)とか

思わせぶりなホラー仕立て?な書きぶりが気になる仕上がりだったので、特別掲載です

IMG_3087

わたしはゆめをみた、

しっているばしょにかみなりがおちるゆめこわかった

うえにいくひとたちばっかり わたしはかまわずしたにおりた。

すると、ドンガラガシャンかみなりがちかくにおちてなにかがばくはつした

こわかったからママにしがみついた。

したのほうにバスがとまっているからいそいでしたへおりて、おりて、おりまくった。

うえのひとはどんどんきえていく。

でもバスのてまえまではしりまくってバスのなかにとびこんだ。

バスのなかは、シーンとしている。そとでは。。

「キャー」とか「ワー」とかこえがきこえる。

それから3ふんごバスはしゅっぱつした。いつもバスがまがるかどがあった。

バスはきゅうていしゃした。

そのばしょからにげられるとおもったのにと、こころのこえがこごえでそういったとおもった。

こわいきもちをかかえながらこころでないた。

ほんとうになくとゆめがおわってしまうからだ。

かんがえもしないそうぞうで、おきたときなんだったんだろうとおもった。

しばらくしてバスははっしゃした。

さっきのこわさとおどろきがまざったのは、なんだったかわすれてしまった

ふしぎなゆめだった。