あめこや

AMECOYA Blog

アーカイブ

ゲージツの秋だわさ

ゲージツの秋だけに、いろんなイベントが目白押しですね♪

今年の秋の上野はすごいなあ!

フェルメールとムンクとルーベンスが大集結ですよ~~

フェルメール展、日時限定での鑑賞という事で、

日曜の11時の回を予約して11時に行ってみたところ、

すんごい行列が!

あれ!?日時限定したら、ゆるっと入場できるんじゃないの~~!!??とのゆるい思惑は見事に外れました。

11時ぴったりに来ずとも、12時くらいにゆっくり来た方が待たずに入れまする~とアナウンスがあっても、日本人の生真面目さゆえ、

みんなじっと並んだままなんでした。。。

牛乳を注ぐ女、、本当にちょろちょろと牛乳が注がれているよう!

いくら眺めても飽きないです~

400年くらい注ぎっぱなしのような写実感でした

続きましては、ムンク展!!!

こちらは平日に休みをとれる自営業の特権を生かしまして、

平日の朝8時50分から並んでみました(開場は9:30です)

ここでアドバイス!コンビニとかで事前にチケット買っていこう!

当日券を買う方や、シルバーの方の身分証明とか、

この日は雨、長い傘を持った方が傘置き場に置きにいったり、

解説のイヤホン借りる方が 列を離脱していくので、

30番目くらいの順番だった私、

開場と同時にするっと入れました~!!!

ムンクの作品オンリーという、むせ返るような濃密な展示!!

にょ~んと餅を伸ばしたような表現とか

繊細なリトグラフ作品に血のような赤を使うとことか、

突然 背後に顔が浮かんでいるオカルトっぽさとか

生理的に好き(笑)!!!思っていた以上に肌に合う~~!!

女性を吸血鬼になぞらえたり(女性が恐怖の対象だったんだろうか)、

浜辺にいる二人の女の黒い方がどう見てもダースベイダーだったり

「幻影」見た瞬間、噴き出してしまった!しなびた男の運の無さげな表情が凄すぎる(笑)!

ところどころ、ゆらゆら帝国の地獄レーベルみたいなテイストが垣間見られて、何だかとっても和んだ~(笑)

「叫び」は、早々と並んだかいあって、

一人で眺める時間もちょびっとありました。

あまりに禍々しく、強烈なインパクト!

うねってる!ぎゅんぎゅんうねってる!!

予想以上の狂気のエネルギーの奔流に圧倒されまして、

今年一番の収穫だと感じた展覧会でした!!

晩年の 心身ともに漂白されたような明るめの絵も

赤と緑が絶妙に楳図で、嬉しくなっちゃったなぁ!

IMG_3436

ムンク展のグッズ、期待してたんですけれど

企業コラボ系が多くあまり趣味ではなくて、残念!

星月夜の一筆箋とか便箋がほしいなぁ

孤独な人たちの眼鏡拭き付き眼鏡ケースと、

絵柄を選べる図録は「叫び」をセレクトしてみました!家宝だぜい!

オスローのムンク美術館にもいつの日か行ってみたいと

夢を持った秋でした!(2020年に新館もオープンしてますます充実予定の美術館らしいです)