あめこや

AMECOYA Blog

アーカイブ

バベルのケーキ

2017年5月23日
IMG_0390[1]

紫陽花が色づいてきました!5月なのにもう真夏の暑さですね

IMG_0385[1]

・山城屋 新潟(純米 五百万石)

長岡の注目のお酒「山城屋」。こちらは夏限定酒です!

爽快辛口と名付けられた夏酒、

名前通り 小気味よい酸が効いていて、後キレすっきりの

めっぽう爽やかな辛口!

裏側の酒ラベルが 労わりの気持ち溢れる素敵な文言なので

ご来店の際には見てみてくださいな♪

IMG_0370[1]

先日 上野のバベル展観に行ってまいりました!

日曜でも外の行列はなく、館内は混みあっていますけれど

ゆっくりじっくり見ていく分には気にならないほどでした

こどもには お絵かきボードが配られまして

名画を前にスケッチができるのでした!贅沢!

画像は グッズ販売コーナーで見つけた数量限定・土産の「バベル型シフォンケーキ」、

ケーキに見立てるって、すごいアイデア(笑)!

保存料不使用で、お土産菓子のレベルを超えたふわっふわな美味しさでした!

展覧会の外には 大友克洋氏による

↓バベルの塔の内部想像図が飾られていて

本物の別バージョンかと思うほどの精巧さ!

IMG_0358[1]

7月頭まで開催中です!

上野で ぜひブリューゲルの緻密な世界をご堪能くださいな♪

気分を変えて

2017年5月19日
IMG_0350[1]

紫陽花の季節ももうすぐですね!

今週末のあめこや、

明日の20日・土曜ランチは研修会開催のため「お休み」、ディナーは通常営業いたします

また、21日・日曜ランチはご予約多数(団体さんの宴会あり)でいっぱい、ディナーもお席残少になっております

明日の土曜ディナーはまだご予約受付中!どうぞ宜しくお願いいたします

IMG_0344[1]IMG_0345[1]

あっちこっちから山菜が届きまして、あめこやは空前の山菜祭り!

わーい!

天ぷらに グラタンに お浸し、、、

春ならではの、青々としたほろ苦さをめいっぱい味わいましょう♪

IMG_0347[1]

今週末は気温も上がるようですね、暑い時には夏仕様のお酒を!

・鶴齢 新潟(純米無濾過生原酒 美山錦)

軽快な口当たりですが、

余韻は味の輪郭のしっかりとした骨太な夏の男酒!

涼しげなブルーボトルが気分を盛り立ててくれます

あめ店主が 1分1秒も無駄にできず仕込みに追われる中、

番長も つられて あまりに慌てた挙句、

コピー機のインク交換をしくじり 手に青いインクがドバーーーーッ!!

あああーーー!!やらかしてしまったーーー!!!

明日の研修会までに落ちそうもないドバっと加減、、、

今週は アイロンで火傷するわ、てんやわんやの週でした

平穏に終わる気のしない週末、

気分を落ち着けるのに最適な音楽を!

IMG_0339[1]

・spacemen3 「recurring」

浮遊系音楽の最高峰!睡眠を誘う優しい永遠のループ。

ヴェルヴェットや、

ジーザス&メリーチェイン(番長はジザメリと略す派ではなく、ジーザスと呼んでいた派)、

マイブラや シー&ケイクやヨラテンゴ等お好きな方にお勧め。

大学時代に 先輩から日本版(邦題は「回帰」)を借りてカセットテープでは持っているのですが

なかなかカセットを聴く機会がなく、

中古CDはレア品状態で1万弱の高値推移していたので、

ここ数年虎視眈々と中古の値崩れを狙って、やっと手に入れたCDです。

中古ならではの

↓元の持ち主が当時買った時の値札が貼ったまま。。

IMG_0340[1]

六本木WAVEのニューエイジコーナーで買ったのかなぁ。。なんて

ウキウキと想像を膨らませてしまう!

値札にロマンを感じる番長でした

ではでは良い週末を!(日焼け対策忘れずに!)

日本酒メニュー

2017年5月16日

先週日曜の母の日、

ご予約くださったお客様ありがとうございました!

みうらじゅんさんもよく言ってますが「親孝行」!

これ大事!!

毎朝起こしてくれて ご飯を作ってくれて 洗濯してはたたんでくれて

みんなが残したおかずを食べては もこもこ丸っこくなって

疲れていても家族のために 縁の下の力持ちとして頑張ってくれているお母さん!

日本を支えているのは お母さんたちの頑張りのおかげです!!

IMG_0334[1]

話題は変わりまして

あめこやの人気メニューの青森産の無農薬長芋は

こんなパッケージに包まれてやってきます↑

水木しげる先生の妖怪チックな可愛い長芋柄です

IMG_0338[1]

日本酒メニューは 右から

・眞稜(しんりょう)新潟(純米吟醸生 越淡麗)

佐渡島のお酒です!

甘いとか辛いとかでは計れない、複雑な面白さ!

じゅわっと広がる米の旨味!んん!?ドライ??

口の中で少しずつ味わいが変化する、その面白さごと楽しんでください!

・月山・美月(がっさん・みずき)島根(純米大吟醸 山田錦)

「天空の城」月山富田城が名前の由来であるこの蔵の新商品・美月。

流麗で透明感のある旨味とキレ、

さらりと楽しめる食中酒です

・辨天娘(べんてんむすめ) 鳥取(純米 熟成古酒 山本敬二産五百万石)

あめ店主が 先日鳥取のマニアック酒屋さんでウキウキ仕入れた1本です!

5年熟成の「燗して尚良し」な食中酒。

地元産酒米のみで醸されるお酒は、なんと生産者ごとにタンクを変えて仕込まれているそう!

なんと地元愛、生産者思いの蔵なんでしょうか。。

酸が基調となった柔らかい酒質、熱めの燗でぜひ!

先日の旅の帰り道、

ふと立ち寄った静岡のサービスエリアで見つけたカフェの看板が

じわるのでご覧ください↓

IMG_0316[1]

強烈にタピオカ推し(笑)

先週末の土日ディナー繁忙時のことですが

ご予約の電話が5分間隔で鳴るほどでした

あめこや、一体何が起きたのか!!??

土日のディナーに関しましては 早い段階でご予約にて満席になってしまうことが多く、

特に「17~20時台」は 当日ご予約ができない状況が続いております

夜は2人体制でお店を営業しておりますゆえ、

繁忙時にお電話に出ることもままならぬため

何卒 前もってのご予約をいただければ幸いです!!

今週末の5月20日(土)ランチは 都合により「お休み」します(ディナーは通常営業)

どうぞ宜しくお願いいたします

蒜山訪問記 その2

2017年5月12日
IMG_0289[1]

蒜山は ちょうど田植えシーズン!

あちこちの田んぼに植えられた規則的な稲の並びと

田んぼいっぱいに張られた水に映る山の景色が美しい!

山の様子も、

植林された杉が理路整然と並ぶ東京近郊の山と違って

いろんな木が混在して もっさり自由に生えている感じで

山全体がほっこりとしたフォルムになっていて

どれも昔話に出てくる山みたいなのです

あちこちに流れる小川の音と 鳥と蛙の声だけがBGM。。

石に転ばぬよう 崖から落ちぬように足元に注意し、

はみ出た木の枝が顔に当たらぬよう気をつけながら

野山に分け入ると

作為のないありのままの植物の造形に 目を瞠ります

巨岩にぶら下がるツタの流麗さ、

ハート型の葉、

なぜか円を形作るシダ植物の群生、、、

我々人間には思いもよらない規則や 合理性があるのでしょうね

植物の美しさには 敵わない。。と思う瞬間が

何度もありました

IMG_0296[1]

普段と意識の持ち方が変わると

我欲の出る幕はなく

そうっと 何かを壊さぬよう邪魔せぬよう静かな気持ちになって

大層気持ちのよい朝を過ごすことができました

田んぼや畑を案内してもらいながら

宝探しのようにあちこちで菜を摘んで さっそくお昼ご飯でいただきました

採りたての青ネギの瑞々しさといったら!

えぐさや辛味がなく、ハーブのごとき若々しい青さ!本当に美味しい!

雪の下人参をピーラーで剥いて、オリーブオイルを和えたサラダに

摘みたての山椒を載せたら、これがまた最高!

香りがグンと濃く、口に残らない品の良い辛味が人参の甘みとベストマッチ!

通常の山椒の辛さではありえないんだろうなぁ。。

その後 鳥取方面へ向かいまして(岡山・蒜山から鳥取は意外と近くて、車で30分ほど)

念願のカフェ「夜長茶廊」さんを訪問!

中央線にありそうな雰囲気の、インドカレーと珈琲と音楽が楽しめるカフェ♪

どこか懐かしい空気感のあるお店で、

古民家を改装したという店内には センスの良い小物たちがあちこちに。。

ゆるっとした音楽に身をまかせ

サモサと珈琲とケーキをいただきました!

あめ店主は 倉吉のマニアックな酒屋さんにも寄って

珍しい日本酒を仕入れホクホクの様子。

温泉もあちこちに点在しているので、連休らしく疲れを癒す時間も持てました!

書ききれないほど たくさんのエピソードがあり

そのどれもが宝物みたいに 今も心で明滅し続けています

作りたての まだ温かいリコッタチーズの優しい甘さ、

朝一番に飲んだ湧水の甘さで 目が覚めたこと、

ご夫婦の、あったかくて 風通しの良い人柄、、

野菜もお米も お肉も魚も チーズも珈琲も どれもバランスよく愛する、

ご飯に対する真摯な姿勢(人はそれを食いしん坊と呼ぶ)、その共通項が

我々を結び付けてくれたのでしょうか!

ありがたいご縁に 深く感謝(縁をとりもってくださったオカズデザインさんにも深く感謝)

&再訪を願いながら

あめこやにこの気持ちを還元していきたいと思います・・

長々と蒜山自慢ブログ(笑)、お読みいただきありがとうございました!

では良い週末を!

蒜山訪問記 その1

2017年5月12日

2月に桜上水のオカズデザインさんのアトリエ・イベントで

初めてお会いした蒜山耕藝(ひるぜんこうげい)さん。

(宜しければ、あめこやの2月末ブログ「イノシシは敵ではない」の記事をご覧ください!

イベントでの出来事を載せてあります)

数年前に、全く未知の土地であった岡山県真庭市の蒜山へ移住し、

お米を中心に お野菜や大豆などを自然栽培で育てる農家さんご夫妻。

初めて会った時から すうっと馴染む感覚があって、

「いつか蒜山に来てください!」という言葉を 大事に心であっためていたあめこや、

連休を機に 念願の蒜山訪問してまいりました!!

番長は岡山は初めての土地、、グングンと目的地に近づくに連れ

見覚えのある地名が・・

「津山」。。

昨年 山崎努ナイト(不定期に訪れる、真夜中の一人映画鑑賞会)で観た

「八つ墓村」のモデルとなった地名じゃありませんか!

努ちゃん祭りは この旅のための伏線だったのか、、と独りごちつつ

蒜山耕藝さんのアトリエ「くど」に到着!

IMG_0276[1]

味わいのあるお店は 古い納屋を1年がかりで改装されたそう。

奥には 大きな窓が3つ連なり、風景丸ごと眺められる贅沢さ!

揺れる木々や 移り変わる空の色など いつまでも見飽きません

この日のランチは オカズデザインさんがお料理を担当されるスペシャル・デーで、

蒜山耕藝さんが育てた野菜を使った前菜に続き、

ハーブのようなふわっと若々しい青ネギに ピリッと山椒の効いた

大人のマーボー豆腐丼をいただきました

2月のイベントで大感激した クセのない脂と野生味あふるるイノシシ肉も入っていて

嬉しさ倍増です!

デザートや珈琲もいただいた後、蒜山周辺を探索してみました

IMG_0271[1]

大河ドラマ「武蔵」のロケ地にもなった”不動滝”が近くにあり

巨岩のゴロゴロしている渓谷にて 撮った画像がこれ!

滝の細かな飛沫によって ピンボケ風な仕上がりですが

マイナスイオンが充満している神聖な場所であります!

蒜山一帯は とても水の綺麗なところで

あちこちに湧水を汲めるポイントがあります

IMG_0278[1]

お参りした後、山から生まれた貴重な水を 少し分けていただく・・

感謝の気持ちが自然と湧いてきます・・

それから、蒜山の観光スポットも行ってみましたYO!

蒜山といえば 牛乳やヨーグルトなど乳製品が有名でして

「ジャージーランド」にて 濃くてふうわり甘いソフトクリームを食べました!

続いて訪れた、ちょっと昭和の雰囲気の漂う遊園地・ジョイフルパークでは

なぜかジャネット・ケイなどのラバーズロックが スッチャカスッチャカ流れていて

ラブいムードいっぱい!!

GW明けのゆるっとした平日に

ブラウン・シュガーの「ハローストレンジャー」を聴きながら

一人ジェットコースターで絶叫するって なかなかできない体験でした

続く・・